Home Message Information 連載記事 Movie Conference リンク お問合わせ

Conference

『アニメNEXT_100 』キックオフシンポジウム
アニメのつくる未来 開催決定・参加者募集

100年後、アニメは世界をどう変えるのか・100年後、アニメは未来をどう創るのか?
2017年1月、日本で国産ア二メーションが公開されてから満100年を迎えます。
私達、一般社団法人日本動画協会は、この100年目を契機に、次なる未来へ向かって日本のアニメーションが発展し続けることを目指し、『アニメNEXT_100』プロジェクトを立ち上げます。 言葉を超えたコミュニケーションを実現してきたアニメーション。その源泉である人の想像力がつくりだす「―アニメのつくる未来―」を、アニメーション業界で 活躍するクリエイター、映像・先端技術やユニークな思考を形に変え続ける方々の視点を通じて考察し、『アニメのつくる未来の一つのカタチ』について仮説を立てることを試みます。同時に、日本のアニメーション文化とパワーを国内外に高密なインパクトを持って発信、更にインバウンドへ結びつけることを目指します。日本のアニメーションの可能性と課題を様々なジャンルで活動される多くの皆様とともに共有しながら、前進し、未来を創造し続けることを目指す。その第一弾として、キックオフシンポジウムを開催し参加者を募集いたします。

日 時:
2016年12月6日(火)12:00開場/13:00開始
場 所:
秋葉原UDX6Fカンファレンス
(東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX)
[MAP]

概要

■開会のご挨拶・プロジェクトへの期待 (13:00-13:20)

石川 和子
一般社団法人日本動画協会理事長:『ア二メNEXT100』プロジェクト代表

■100周年プロジェクト『日本のアニメ大全』(13:20-13:50)

とちぎあきら氏
東京国立近代美術館フィルムセンター 主任研究員
吉田 力雄
一般社団法人日本動画協会副理事長 日本のアニメ大全プロジェクトリーダー
大徳 哲雄氏
株式会社 樹想社 代表取締役・立教大学文学部 文芸思想専修講師
木村 智哉氏
明治学院大学 非常勤講師
檜山 大悟
一般社団法人日本動画協会データベース・アーカイブ委員

■第1部: 『アニメーション教育・人材育成・発掘』(14:00-16:00)

※パネリスト
清水 慎治氏
(東映アニメーション株式会社 常務取締役・プロデューサー)
大地丙太郎氏
(アニメ監督・演出家・撮影監督)
高橋 良輔氏
(アニメ監督・脚本家・演出家・プロデューサー)
山村 浩二氏
(東京藝術大学大学院映像研究科教授・アニメーション作家)
※ファシリテータ
植田 益朗
(日本動画協会理事・アニメーション教育・人材育成・発掘プロジェクトリーダー)

■第2部: 『アニメの未来~アニメの可能性~』(16:20-18:20)

※パネリスト
齋藤 精一氏
(株式会社ライゾマティクス 代表)
SUGIZO氏
(LUNA SEA・X JAPAN・JUNO REACTOR)
高野 明彦氏
(国立情報学研究所教授)
中川 悠介氏
(アソビシステム株式会社 代表取締役)
浜野 京氏
(内閣府 政策参与(クールジャパン戦略担当))
福井 健策氏
(骨董通り法律事務所 弁護士)
※ファシリテータ
宮河 恭夫
(株式会社サンライズ代表取締役・アニメNEXT_100統括プロデューサー)

■シンポジウム総括・『アニメNEXT_100 2017』宣言 (18:20-18:50)

 

※ご登壇者については、変更される場合があります。あらかじめご了承下さい。

 

主催者:
一般社団法人 日本動画協会
『アニメNEXT_100』―日本のアニメーション100周年プロジェクト―
後 援:
経済産業省、東京都、内閣府 知的財産戦略推進事務局、文化庁
賛同団体:
NPO法人 映像産業振興機構、コミック出版社の会、一般社団法人 コンテンツ海外流通促進機構、一般社団法人 コンピュータエンターテインメント協会、一般財団法人 デジタルコンテンツ協会、東京国立近代美術館フィルムセンター、日本アニメーション学会、日本アニメーション協会、一般社団法人 日本アニメーター・演出協会、一般社団法人 日本映像ソフト協会、一般社団法人 日本音声製作者連盟、一般社団法人 日本玩具協会、一般社団法人 日本商品化権協会、公益社団法人 日本漫画家協会、一般社団法人 練馬アニメーション、公益財団法人 ユニジャパン(50音順)
協 力:
朝日新聞社、共同ピーアール株式会社、株式会社新産業文化創出研究所 株式会社バンダイナムコライツマーケティング (50音順)
日 時:
2016年12月6日(火)12:00開場/13:00開始
場 所:
秋葉原UDX6Fカンファレンス [MAP]
定 員:
200名
参加費:
5,000円(税込)
※ 参加料は当日会場にてお支払いください。

受付終了いたしました。

 

登壇者プロフィール

■100周年記念プロジェクト『日本のアニメ大全』(13:20-13:50)

とちぎ あきら氏
(東京国立近代美術館フィルムセンター 主任研究員)

1958年東京都生まれ。京都大学文学部社会学専攻、ニューヨーク大学大学院修了。映画上映活動や雑誌編集を経て、フリーランスとして原稿執筆、翻訳、通訳、映画祭企画などに携わった後、2003年より現職。映画フィルムの収集、保管、保存、復元貸与などのアクセス対応に従事。映画・映画史・アーカイブの分野で世界的なネットワークを有している。

吉田力雄氏
(日本動画協会 副理事長・トムス・エンタテインメント 特別顧問・ 『アニメNEXT_100』日本のアニメ大全プロジェクトリーダー

1978年日本大学藝術学部放送学科卒業。同年4月、株式会社 東京ムービー(現 トムス・エンタテインメント)入社。演出助手としてTVシリーズ『新巨人の星』、 宮崎駿監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』等の制作担当を経て、当時としては日本で先駆けとなった海外共同製作作品に参加。海外プロダクションとの連携した現地法人マネージャーを多数歴任。ディズニー作品をはじめ多くの海外作品に携わると共に、『名探偵コナン』『それいけ!アンパンマン』等の製作委員会に参加。同社及び業界におけるライセンス事業やアーカイブの礎を築く。

■第1部:『アニメーション教育と人材育成』(14:00-16:00)

清水慎治氏
(東映アニメーション株式会社 常務取締役・プロデューサー)

日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業。同研究所入所後、1977年東映動画に入る。「キャンディ・キャンディ」の編集助手としてアニメのキャリアをスタート。「GIジョー」「トランスフォーマー」などの合作、「北斗の拳」「ゲゲゲの鬼太郎(第3作)」「ひみつのアッコちゃん(第2作)」などの編集を担当。平行して「The♥かぼちゃワイン」の脚本担当。「ろくでなしBLUES」「Dr.スランプ アラレちゃん」「キン肉マン」などの製作を経て、企画プロデューサーとして「蒼き伝説シュート!」「空想科学世界ガリバーボーイ」「ゲゲゲの鬼太郎(第4作)」「金田一少年の事件簿」「ワンピース」などを立ち上げる。今夏公開の「ONE PIECE FILM GOLD」は映画13作目。ダフト・パンクの「INTERSTELLA 5555」や「銀河鉄道999 ガラスのクレア」など各種映像を多数企画制作。

大地丙太郎氏  
(アニメ監督・演出家・撮影監督)

1956年群馬県高崎市生まれ。大学卒業後、東京アニメーションフィルム(撮影会社)に入社。撮影助手・制作進行を経て演出に。1994年の『赤ずきんチャチャ』演出で注目を浴び、翌1995年『ナースエンジェルりりかSOS』で監督デビュー。『こどものおもちゃ』(1996-98年)を経て『おじゃる丸』(1998年~)で監督をつとめ代表作となる(平成11年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞)。ハイテンションなコメディを得意としながらも、ギャグ・日常描写を軸にシリアスなストーリーにも定評がある。アニメーション監督・演出の傍ら、ラジオ番組のパーソナリティや舞台の企画・演出・出演などマルチに活躍中。最新監督作品は『信長の忍び』(TOKYO MXほかにて放送中)。

高橋良輔氏
(アニメ監督・脚本家・演出家・プロデューサー)

1964年、虫プロダクションに入社、アニメーション演出家としてキャリアをス タート。日本サンライズ(現サンライズ)創業初期に「ゼロテスター」(監督 /1973)に参加。神田武幸氏と共同監督を務めた『太陽の牙ダグラム』(1981)で、リアルロボットアニメの旗手としてブレイクを果たし、以降『装甲騎兵ボトムズ』(1983)、『機甲界ガリアン』(1984)、『蒼き流星SPTレイズナー』(1985)などの作品を経て、「高橋アニメ」と呼ばれるブランドを築く。自作のノベライズを中心に小説家としての顔も持つほか、現在は大阪芸術大学で後進の指導にも精力的に活動中。

山村浩二氏
(東京藝術大学大学院映像研究科教授・アニメーション作家)

1964年生まれ。東京造形大学卒業。90年代『カロとピヨブプト』『パクシ』『バベルの本』など子どものためのアニメーションを多彩な技法で制作。2002年『頭山』がアヌシー、ザグレブをはじめ世界の主要なアニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞®短編アニメーション部門にノミネートされる。2010年、文化庁文化交流使としてカナダで活動。2011年には、カナダ国立映画制作庁とのアジア初の共同制作アニメーション『マイブリッジの糸』を 完成。大藤信郎賞、広島国際アニメーションフェスティバルで2度のグランプリ、文化庁メディア芸術祭優秀賞5回受賞など、これまでに国内外で90以上の賞を受賞している。

植田益朗氏
(日本動画協会 理事・ソニーミュージックエンターテイメント 顧問・ 『アニメNEXT_100』アニメーション教育プロジェクトリーダー)

1979年株式会社日本サンライズ(現・株式会社サンライズ)入社。『機動戦士ガン ダムⅢ めぐりあい宇宙篇』、『シティーハンター』等のプロデューサーを経て、 2000年、フリーとして『犬夜叉』の企画等を担当。2003年12月アニプレックス統 括チーフ・プロデューサーに就任。2010年A-1 Pictures代表取締役社長に就任。2014年アニプレックス代表取締役執行役員社長に就任。2016年6月ソニーミュージックエンターテイメント顧問就任。2008年~2009年外務省文化交流課アニメ文化交流有識者会議委員。2011年より日本動画協会理事としてアニメ文化及び産業振興を推進。

■第2部:『アニメの未来~アニメの可能性~』(16:20-18:20)

齋藤精一氏
(株式会社ライゾマティクス 代表)

1975年神奈川県生まれ。株式会社ライゾマティクス代表取締役。 コロンビア大学建築学科で建築デザインを学び、2000年からNYで活動を開始。そ の後、NYの広告代理店にてクリエイティブとして活動し、2003年の越後妻有アート トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国2006年にライ ゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャ ルの領域で立体・インタラクティブ 作品を多数制作している。

SUGIZO氏  
(LUNA SEA、X JAPAN、JUNO REACTOR)
1992年5月、LUNA SEAのコンポーザー、ギタリスト、 ヴァイオリニストとしてデビュー。1997年、約1年間の同バンド活動充電期間を機にソロアーティストとして始動。2001年より、映画音楽や役者、コンテンポラリー・ダンスにまで領域を広げ積極的にソロ活動を再開。幼少期よりヴァイオリンや楽典等、クラシック音楽の英才教育を受けて育ち、綿密に構築された唯一無二の作曲能力、瞬間を切り取り光に昇華させるかのギター&ヴァイオリン・パフォーマンス、美しくもディープな宇宙的スピリチュアル・サウンドデザインは極めて評価が高く、シーンを創世し、ジャンルの境界を壊しながら縦横無断にアートを舞うその美意識は国内外にても圧倒的な存在感を誇る。2009年5月、X JAPANに加入。音楽と平行しながら平和活動、環境活動に積極的に参加、アクティヴィストとしての動きも幅広く展開。2016年12月23日にニューアルバム「音」のリリースが決定している。

高野明彦氏
(国立情報学研究所 教授)

1980年東大数学科卒。博士(理学)。2001年より現職。現在、東大大学院教授(併任)、NPO連想出版理事長。専門は関数プログラミング、連想情報学。著書に『検索の新地平』(角川)、『311情報学』(岩波書店)など。

中川悠介氏
(アソビシステム株式会社 代表取締役)

1981年東京生まれ。学生時代から取り組んでいたイベント運営経験を基に、2007年アソビシステムを創業。国内外で開催されるライブイベントや各種メディアを通じ、原宿が生み出すポップカルチャーを世界に発信する一方、政府のクールジャパン戦略推進会議の構成員や、原宿初の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の開設など多方面で活躍。原宿のファッションスタイルを表す「青文字系」という言葉の生みの親であり、ファッション誌の読者モデルとして活動していたきゃりーぱみゅぱみゅをブレ-クさせたことでも知られる。

浜野 京氏
( 内閣府 政策参与(クールジャパン戦略担当))

慶應義塾大学文学部卒業。ジェトロ(日本貿易振興機構)で生活文化・サービス産業、農水産食品部長、理事として、中小企業の輸出・海外市場開拓支援、ミラノ万博担当役員。内外のネットワークを活かし世界各地で企画展・商談会を開催、稼ぐための新たなプラットフォームづくりから個別企業のハンズオン支援までを行う。東京国際アニメフェア実行委員、東京国際映画祭実行委員、観光立国推進協議会実行委員等の公職を歴任、2015年10月より内閣官房・内閣府で、異分野・異業種連携のクールジャパン戦略を担当。一方、2016年4月から信州大学理事としても、産官学連携による地域創生、経営力強化に取り組む。

福井健策氏
(弁護士(日本・ニューヨーク州)・日本大学芸術学部 客員教授)

1991年 東京大学法学部卒。米国コロンビア大学法学修士。現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。「著作権の世紀」「誰が『知』を独占するのか」(集英社新書)、「『ネットの自由』vs.著作権」(光文社新書)、「アーカイブ立国宣言」(共著・ポット出版)ほか。国会図書館審議会会長代理、内閣知財本部など委員を務める。
http://www.kottolaw.com Twitter: @fukuikensaku

宮河恭夫氏
(株式会社サンライズ 代表取締役・ 『アニメNEXT_100』統括プロデューサー)

1981年株式会社バンダイ入社。1996年株式会社バンダイデジタルエンタテインメント取締役。2000年株式会社サンライズ入社。2014年同社代表取締役社長就任。 ガンダム40周年プロジェクト一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGE代表理事。2015年株式会社バンダイナムコピクチャーズ代表取締役社長就任。アニメーション作品と玩具・ゲームなどの周辺マーチャンダイジング戦略を大きな特徴とした、『ガンダム』を始め「TIGER& BUNNY」「アイカツ!」「ラブライブ!」など商品・ライブを両立させて作品の世界観を広げている。最先端技術×アニメ・ 匠×アニメなどにも積極的に取り組んでいる。現在内閣府知的財産戦略本部 検 証・評価・企画委員、クールジャパン官民連携プラットフォームアドバイザリーボードに参画。

 

Category