Home Message Information 連載記事 Movie Conference リンク お問合わせ

2016.03.26

「100年後にアニメを残そう!~アニメ100周年プロジェクト始動~」 3月26日AnimeJapan2016クリエイションステージにてプロジェクト始動プレス発表会実施。

1917年、国内初の国産アニメーション下川凹天作「芋川椋三玄関番の巻」から数えて2017年には100周年を迎える日本のアニメーション文化を後世に残すために組織された「日本のアニメーション100周年プロジェクト」の始動宣言が同推進会議によって2016年3月26日AnimeJapan2016クリエイションステージにて行われました。 同ステージには推進会議より
推進会議座長 植田益朗氏(株式会社アニプレックス 代表取締役社長)、
同 副座長 宮河恭夫氏(株式会社 サンライズ 代表取締役社長)、
同 副座長 石川和子氏(日本アニメーション株式会社 代表取締役社長)、
同 委員 吉田力雄氏(株式会社 トムス・エンタテインメント 上席執行役員)
同 アドバイザー とちぎあきら氏(東京国立近代美術館フイルムセンター主任研究員・映画室長)
が登壇。 そして、草創記からアニメ業界を支えてきた笹川ひろし氏(アニメーション監督・漫画家・株式会社タツノコプロ 顧問)をゲストに迎え日本のアニメーション100周年に向けての意気込みが語られました。

冒頭に植田座長によるプロジェクト全体の趣旨、始動宣言が行われ100年の歴史を紐解くためにアドバイザーとちぎあきら氏によるアニメーション史のプレゼンテーションが行われました。現存する最古のアニメーションとして幸内純一作「なまくら刀」(1917年)の上映を皮切りに日本アニメーション史初期の優れたアニメーション作品群を紹介。現在のアニメの源流となるその先進性ととちぎ氏の説明に会場は釘付けとなっていました。そして、戦後日本のアニメから現在のアニメ文化までを総括したスペシャルムービーの上映が行われました。このスペシャルムービーでは国内アニメ制作関連会社23社、国内アニメーション作家10名の代表的な作品として225作品のビジュアルが一堂に会した内容となりました。 (今後の公開は予定されていないとのこと)

続いて「日本のアニメーション100周年プロジェクト」の全体像について同座長 植田益朗氏が説明されました。本プロジェクトでは日本のアニメーションが100周年を迎えるにあたり、これからの100年も業界全体が発展していくために様々な問題点と向き合い、アニメ業界だけではなくオールジャパンとして新たな道を作り出すための大きな3本の柱「日本のアニメ大全」「アニメーション教育」「アニメNEXT100」が発表されました。

吉田力雄氏による「日本のアニメ大全」では「データベース」の構築方針として歴史的網羅性と日本のアニメーション史としての体系をアカデミックな見地から系統立てて未来を考え、1917年からこれまでの全作品・キャラクターを集結・大検証することで未来に向けた知的資源として構築していき、「オーラルヒストリー」では作品だけのデータベースでは見ることの出来ない制作者の生の声を後世に残し、後に語られる「アニメNEXT100」との協業による様々な展開を検討しているとの発表がありました。

植田益朗氏・石川和子氏による「アニメーション教育」では「創造する力を芽吹かせ、様々な分野で力が発揮できる基礎力を高め、生きる力を育てる」をテーマに、未来を担う子どもたちの潜在能力を引出すアニメーション教育と、アニメ産業の未来の担い手を育成するアニメ人材育成を推進すべく2017年には「アニメーションサマージャンボリー」としてアニメーターと日本の次代を担う子供たちによる学習の場や「日本のアニメーション教育拠点」構想が発表されました。

宮河恭夫氏による「アニメNEXT100」では、日本のアニメーション文化とパワーを国内外にインパクト高く発信し、国際巡回展・企画展・各種イベントなど、様々な展開で日本のアニメーション100周年をプロモーションしていき、これから始まる次の100年の起点となるプロジェクトにする構想が発表されました。

笹川ひろし氏と植田益朗氏の対談では笹川ひろし氏の漫画家デビューにまつわるエピソードから漫画の神様・手塚治虫氏との出会い、アニメ制作に至るエピソードや押井守氏のエピソードなど濃厚な内容に登壇者から「これは是非アニメ大全のオーラルヒストリーに」と突っ込みが入る一幕も。

最後に日本のアニメーション100周年のロゴが発表となり、登壇者とのフォトセッションを実施、発表会は盛況のうちに終了しました。

■場内写真

Topics